包茎はどうやって治すの?手術方法を知ろう

Posted by , 2015年6月18日

環状切開手術について

男性の性器の症状である包茎ですが、見た目や機能、衛生面などから考えて手術したほうが良い場合も多いのです。しかしどのような手術があるのか知っておきたい人も多いでしょう。多くのクリニックで行われている手術方法に環状切開手術があります。これはあまっている包皮を環状に切り取ってから縫い合わせるという方法です。とてもポピュラーな方法ですが、包皮の内側と外側の色が変わってしまうためツートンカラーになってしまう事があるのですよ。

亀頭直下法手術について

他にも亀頭直下法という手術方法があります。これも多くのクリニックで導入されている包茎手術方法なのですよ。この手術は亀頭の下から根本までをしっかりと計測してから余った皮を切り取って縫っていく方法であり、縫い目は亀頭の下に治まるので手術したことが分かってしまう事がないのです。またツートンカラーになる心配がない方法なのですよ。しかし医師の技術力が必要となる手術のため、利用する前にはどのような石が担当するのか確認しておきたいですね。

切らない手術方法もある

包茎手術となると切開しなければいけない事も多く、しかしデリケートな部分だけで恐怖を覚えてしまう人も多いでしょう。しかし症状によっては切らずに改善させる事もできるのです。その方法は根元で数か所包皮を糸で結んで、皮が戻らないようにするという方法です。このように包茎手術も様々あるので医師にしっかりと診断してもらって最善の方法を提案して貰うと安心です。手術となると恐怖感も出てしまいますが、カウンセリングなど受けると安心できそうですよね。

デメリットの多い包茎ですが手術をすることで改善をすることが出来ます。ちゃんとカウンセリングもしてくれるので安心です。